確定申告で経費になる取引とは?

Share on Facebook
Pocket

経費となる取引例

aoiroshinkoku1-6

初めての確定申告で帳簿記帳を行う場合、経費になる取引とならない取引で判断がつきにくい場合が多々あります。 特に個人事業者の費用は、事業と私生活が混同していることが多く、本来、経費として計上できるものを計上していない事もよくありますので、こちらでしっかりと理解して帳簿記帳を行いましょう。

  • 住宅の一角で事業を営んでいる場合(住宅兼事業所)、全額ではありませんが何割かを経費として計上することができます。この計算の仕方を按分(あんぶん)といいます。例えば、2階が住宅、1階が事業所として使用し、事業所使用面積が住宅部分面積と同じぐらいの場合、1/2按分として判断し、固定資産税を半分は経費として計上することができます。
  • 賃貸の場合は、事業として利用している面積分の家賃を経費として計上することができます。
  • 水道光熱費関係のメーター等が一つになっていることが多く、水道光熱費関係の按分計算の目安にもなります。(按分割合については1/2とは決まっていません。)
  • 按分については、建物だけでなく、車両やその維持費、携帯電話の通話料なども適用されます。

経費になる取引は事業に関わっているものが対象です。 税務調査があった際に説明ができるかも重要です。経費になる取引とは、『収益を得るために使ったお金』として考えたらわかりやすいです。


帳簿作成にかかる作業を効率良く行いたい方は次のページをご覧ください

arrow1上手な領収書の保存・保管方法

arrow1青色申告の失敗しない会計ソフトの選び方

arrow1青色申告会職員による帳簿記帳サポート


経費となる取引かどうか、ご自身で判断が難しい際は、青色申告会へお問い合わせください。 知識が豊富な職員による帳簿記帳のサポートも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

moushikomi2

※お急ぎの方は電話でも受け付けております。「098-868-8218」にお電話ください。 (スマートフォンでご覧いただいている方は番号をクリックするだけで電話できます)

【受付時間】 平日 9時~11時/13時~16時(日曜・祝日・第1・3・5土曜休業)

【アクセス】 〒900-0021 沖縄県那覇市泉崎1丁目13-23(那覇バスターミナル徒歩1分)

アクセスマップ(地図ページ)はコチラ

  

Share on Facebook
Pocket