確定申告の青色申告とは?

Share on Facebook
Pocket

青色申告の3大メリットとは

確定申告を行う方法として、白色申告と青色申告があります。起業時もしくは確定申告期間に『青色申告書の承認申請』を行います。青色申告対象となった場合、様々なメリットを受けることができます。ここでは、青色申告について説明していきます。

事業主の確定申告は青色申告で節税

青色申告をした際と白色申告での所得税の節税効果を説明しております。 青色申告は、青色申告特別控除や専従者給与を適用することにより、節税割合が大きくなります。

これから起業する方へ青色申告の申請・届出方法

青色申告をすることができる方は、不動産所得、事業所得及び山林所得のある方です。青色申告をするためには、「所得税の青色申告承認申請書」に必要な事項を記載して、所轄税務署に提出する必要があります。

青色申告に必要な複式簿記

事業を行っている方は日々の取引を記録(帳簿記帳義務)があります。 帳簿を作成する際に、単式簿記、複式簿記の2通りがあります。こちらで複式簿記について説明します。

青色申告に必要な帳簿、仕訳帳について

青色申告特別控除の適用には、日々の取引の状況を帳簿に記録し、取引に伴って作成したり受け取ったりした書類(領収書や請求書)を保存(保存義務)する必要があります。

青色申告の帳簿の付け方

青色申告控除を受けるためには、帳簿を作らなければなりません。事業によって必要な帳簿がありますが、基本的な現金出納帳と経費帳について説明しています。

経費になる取引とは

初めての確定申告や帳簿記帳を行う場合、経費になる取引とならない取引で判断がつきにくい場合が多々あります。特に個人事業者は、費用については、事業と私生活が混同していることが多く、本来、経費として計上できるものを計上していない事もよくあります。

具体的な仕訳事例・こんな時の仕訳はどうする?

帳簿へ記入する際に、どの勘定科目を使えばよいか迷ったり、分からない時があった際の参考にしてください。

上手な領収書の保存・保管方法

個人事業の経理業務上で経費の領収の整理・保管は重要です。 領収書をもとに帳簿が作成され、その帳簿をもとに損益計算書と貸借対照表が作成されます。原則、経費は証明できなければ計上できません。

青色申告で医療費控除を申請するには

病気がちや通院している方で医療費を一定額以上支払った場合には、「医療費控除」として所得から差し引くことができます。

青色申告の失敗しない会計ソフトの選び方

青色申告をするためには複式簿記の帳簿作成が必要です。 複式簿記については、会計ソフトを使えば、簿記の知識が無い方でも簡単に帳簿記帳をする事ができます。

必要経費勘定科目一覧表

必要経費勘定科目を確認したい方はこちら

各市町村の国民健康保険税(料)について

個人事業者の多くは健康保険加入についてはお住まいの市町村の国民健康保険を利用しています。国民健康保険税(料)は各市町村によって運営されているため、加入者の人数や財政状況などによって保険税(料)負担の地域差が大きくなっています。


青色申告の方法や帳簿記帳、申告書の作成については、那覇青色申告会にて、親切、丁寧に分かりやすく説明致しますので、まずは、ご相談のお電話か、那覇青色申告会までお越しください。

moushikomi2

※お急ぎの方は電話でも受け付けております。「098-868-8218」にお電話ください。 (スマートフォンでご覧いただいている方は番号をクリックするだけで電話できます)

【受付時間】 平日 9時~11時/13時~16時(日曜・祝日・第1・3・5土曜休業)

【アクセス】 〒900-0021 沖縄県那覇市泉崎1丁目13-23(那覇バスターミナル徒歩1分)

アクセスマップ(地図ページ)はコチラ

  

Share on Facebook
Pocket